血液透析の方法

対応施設:
医新クリニック長瀞医新クリニック

血液透析(HD)と血液ろ過透析(HDF)について

血液透析
HD:英語のHemodialysisの略で、血液透析と訳されます

HDを始める前に、あらかじめ動脈と静脈を吻合させるシャント手術をして、たくさんの血液を静脈に流れるようにする必要があります。血液は血液ポンプによって毎分200ml程度の速さで体外に取り出し、腎臓を代行するダイアライザー(※人工腎臓)へと送られます。そこには人工膜で出来た中空糸と言われる細い管が無数にあり、その中を血液が流れ、外側には毎分500mlの透析液が流れていて、体にたまった不要な老廃物を透析液側に排泄し、有用な物は血液の中に入り物質交換が行われ血液が浄化されます。きれいになった血液は、ふたたび体に戻されます。
1回の透析時間は、4〜5時間程度で、週2〜3回行う必要があります。透析中ベッド上で読書等が可能です。

血液ろ過透析
HDF:英語のHemodiafiltrationの略で、血液濾過透析と訳されます

HDFは、透析中に「置換液または補充液」と呼ばれる透析液とほぼ同等な点滴を血液中に大量に入れながら、同時に入れた点滴と同じ水分量をダイアライダーから濾していきます。

通常の血液透析では、透析膜を介して血液と透析液間に生じる物質(毒素)の濃度差を利用した「拡散」・「浸透」という現象によって、分子量の比較的小さな毒素である尿素窒素(BUN)・クレアチニン(Cr)・尿酸(UA)などが効率よく除去されます。しかし、以前のダイアライザーでは低分子蛋白質領域に大きめの毒素である代表的なベータ2ミクログロブリン(β2-MG:分子量11,800ダルトン)と呼ばれる物質は、あまり効率よく除去されませんでした。そこでHDFは、この大きい毒素を効率よく除去するために、もう一つの透析原理である「濾過」を最大限に引き出す治療法なのです。そのため、透析中に「補液・除水」を行うことで、ダイアライザーを介し大きな毒素が水分と共に透析液側に引っ張り出されるように排出されます。

HDFの利点は、β2-MGをよく取り除けるだけではなく、透析中の血圧が下がりにくいことや心臓への負担が血液透析よりも小さいことなどが知られており、長時間透析を行い、血液透析では対処できない透析アミロイド症または透析困難症の患者さまに限り、実施しております。

HD透析 HDF透析

人工透析(血液透析の方法)についてのお問い合わせ

対応施設:医新クリニック長瀞医新クリニック

医新クリニック長瀞医新クリニック

このページを見ている方はこんなページも見ています

このページを見ている方はこんなページも見ています

診療科目