血管年齢検査のご案内

血管の老化が、動脈硬化を引き起こす!

血管年齢が若い、老化している、という言葉をお聞きになったことはありますか?老化した血管とはどのような状態を言うのでしょうか。
血管は加齢とともに柔軟さが失われて、硬くなってしまいます。そこに、血液中の脂肪などが付着すると血管の内壁を厚くします。この状態を「動脈硬化」といいます。
血管が狭くなったり栓ができたりして、血液が流れにくくなる状態です。

血管が詰まると、心疾患や脳卒中のリスクが高まる

動脈硬化を起こして、血液が流れにくくなるということは、重大な病に罹り易くなるということ。狭心症、心筋梗塞、脳梗塞などを引き起こしやすくなります。それに加えて、もともと肥満症、高血圧症、高脂血症、糖尿病の方、または喫煙者である場合は、心筋梗塞や脳梗塞、閉塞性動脈硬化症等のリスクも高まってしまうのです。

血管年齢を測って、若さを保つ生活習慣を

血管年齢を測ることは、動脈硬化の早期発見につながります。「血管年齢の検査は痛いの? 時間はどれくらいかかるの?」と心配される方も多いかもしれませんが、患者様のご負担は少なく、検査も4分くらいで終わります。
まずは気軽に検査を受けて、ご自身の血管年齢を知り、血管年齢が実年齢と同じか低ければ現状維持、血管年齢が実年齢を大幅に上回った場合はその日から血管年齢を下げる為の対策をしましょう。

内科(血管年齢検査)についてのお問い合わせ

対応施設:医新クリニック神田医新クリニック長瀞医新クリニック

医新クリニック神田医新クリニック長瀞医新クリニック

このページを見ている方はこんなページも見ています

このページを見ている方はこんなページも見ています

診療科目