インフルエンザについて

 

インフルエンザとは、インフルエンザウィルスにより引き起こされる急性ウィルス性疾患です。例年、11月頃から徐々に患者が増え始め、1月頃に流行がピークに達し、4月過ぎに収束する傾向があります。

 

<症状>

インフルエンザの典型的な症状は、激しい発熱や悪寒戦慄(おかんせんりつ)など、急激な上気道症状です。また同時に筋肉痛や咳、鼻水などの症状が現れることもあります。

インフルエンザは咳や鼻水を介して飛沫感染し、1~2日程度の短い潜伏期間の後に発症します。38度以上の高熱が3~5日持続した後、解熱していくという経過を辿ることが一般的です。しかし熱が高くならない場合や長引く場合もあり、経過には個人差があります。

 

<治療>

発症後48時間以内に開始することがよいとされています。

 

<予防>

手洗い、うがい、マスクの着用などを心掛けましょう。また、ワクチン接種を受けることも予防のひとつです。

 

これからはインフルエンザが流行る時期なので、栄養、休息、睡眠をしっかりとって体調に気を付けて下さい。

 

外来看護師 髙橋

 

 

投稿日:
2018/11/09
カテゴリー:
長瀞の日々

外来より

こんにちは、外来ナースの麻柄です。

11月に入りましたね。

今年も残り2カ月となりました。

みなさま、お元気ですか。

 

先月は季節の変わり目で、外来受診される患者様の中に、めまい、吐き気を訴える方が多かったように思います。また帯状疱疹になって来院された方も多かったです。

帯状疱疹になられた方で気になった事がありました。それはお話をしていると「こんな痛みで来たら笑われるよ。」とか「こんなの見せられないでしょ」とか「このくらい大丈夫だろう」と我慢してしまう方が居る事でした。

この病気は50才以上の方がかかりやすい事もあって、皆さん大人ですから、弱音を吐かないみたいでした。ですのでだいぶ酷くなってからの受診となってしまうようです。

ストレスや疲れなどがきっかけとなり、ウィルスに対する抵抗力が低下すると帯状疱疹を起こすようです。なかなか自分の体と向き合えず、自分は大丈夫と無理されてしまうのではないでしょうか。

帯状疱疹の事、少しだけその症状についてお伝えします。

まず初期症状はピリピリした皮膚の痛みで、時間が経過すると赤みや水ぶくれをつくり悪化することが多いです。怖いのは重症化すると入院治療が必要になることもある病気です。痛みを伴いますのでガマンせず痛み止めの服用をおすすめします。

痛み止めを使うのは痛がりだからではありませんよ、決して恥ずかしい事でもありません。早めに受診して悪化する前に直してしまいましょう。

寒い冬がもうすぐやって来ます。

これからはインフルエンザや胃腸炎などが流行る時期ですが、充分栄養をとって、罹患しないようにご自分の体を大切にして下さいね。

 

ご案内

―インフルエンザワクチン接種開始しています―

診察時間内であれば予約なしで受け付けておりますので、早めの接種をお勧めします。

皆様、お体を大切に。

投稿日:
2018/11/02
カテゴリー:
長瀞の日々

山城跡をめぐる

私の趣味は山歩きです。

山歩きといっても、主に昔の山城跡をめぐる山歩きが好きです。

秩父地方には戦国時代、大小70もの山城や砦が存在していました。長瀞町のお隣り、現在の寄居町に作られた鉢形城を要城として、上州からの上杉、甲州からの武田勢などを迎え撃つべく、見晴らしにすぐれ、なおかつ切り立った難攻不落の岩山の上に城を築き、日夜敵方の動向を監視していたと思われます。そこに登るわけですから、もちろん簡単にはいきません。ゆうに時間をかけ、汗まみれになって、漸く城跡にたどり着きます。地域の教育委員会などがきちんと管理し、空堀や石垣、虎の口などまだしっかり残っている城跡もありますが、こころない現代社会の巻き添えをくって採掘されていたり、崩されている城跡もあり様々です。そこには小さな祠があったり、岩に彫られた風化してやっと字が読めるような碑もあったりします。心を静めて、それらに手を合わせると、何百年か前にここに集っていた家臣達の息遣いが感じられるような気になり、こんな狭い空間にも、きっと様々な人間模様が存在していたのだろうなどと思いを馳せたりします。そしてそれらを想う時、悠久の時間の流れを味わうことができます。

これから紅葉の時期、天気の良い日に山城をめぐる山歩きも結構楽しいですよ。

城のある山裾には、そこに集った人たちの魂を鎮めるように、小さなお寺があることが多いようです。そこでお城のいわれなどを調べるのも一考かと思います。でも城跡まで行くには山の装備はしっかりと、熊鈴やラジオを鳴らしながら、できれば複数人で登ることをお勧めします。私も怖い思いを何度かしたことがありますので。

 

検査部

浅見英雄

 

 

投稿日:
2018/10/26
カテゴリー:
長瀞の日々

人間ドックのすすめ

いよいよ秋も深まり、朝晩は冷え込む季節となりました。

人間ドックは一年間を通して実施しておりますが、当院では夏から秋にかけて受ける方が多く、年齢層としては、定年後の方がほとんどを占めています。何歳になったら人間ドックを受けたらいいのだろう?と思っている方もいらっしゃると思いますが、40歳代になったら受けた方がいいと言われています。肉体的変化が出やすい時期であり、社会的にも重要な年代だからです。確かに40代になると、疲れが取れにくかったり、無理が効かなくなったりと、体力的に衰えを感じることがあります。私だけでしょうか(笑)

健康を継続する為に、日々の暮らしをどう過ごせばいいか見直すきっかけとして、人間ドックをお勧め致します。

 

臨床検査技師  松崎

 

 

投稿日:
2018/10/19
カテゴリー:
長瀞の日々

荒川川岸にて

ある日のこと、荒川の川岸を散歩した時、今まで見たことのない岩を見ました。なんの岩だろうといろいろ探索した結果、虎岩ということでした。その模様がまるで虎の毛のようでそういう名がついたのだろうと思いました。もうしばらく散歩すると石碑が目につき、

岩

碑

それが宮沢賢治の石碑ということに驚き、後から知ったことですが、宮沢賢治は小説家・詩人だけかと思っていましたが地質学者でもあるということになおも驚かされました。

 

皆さんも是非長瀞を散歩がてら探索してみたら新しい発見があるかもよ。(*^o^*)

 

私の大好きな詩に「雨ニモマケズ」がありますが、最終行に“ソウイウモノニ ワタシハナリタイ”と書かれてあるように私もそういうものになれたらなぁと思っています。

 

放射線技師 髙橋

 

 

投稿日:
2018/10/12
カテゴリー:
長瀞の日々

秋の定期演奏会♪

久しぶり(10年ぶり?)に、吹奏楽部(中学生)の定期演奏会へ行って来ました。

「まぁ、中学生なんだしあまり期待してもね…」と出かけましたが、親(祖母)目線のためハラハラドキドキのしっぱなしで、涙腺も緩みっぱなしの演奏会でした。

「たかが中学生。されど中学生。侮ることなかれ!」です。

なかなかに、楽しませて貰いました!

 

人生で初めて管弦楽(吹奏楽)の「生演奏」に触れたのは、自衛隊の定期演奏会でした。今から47年前になるでしょうか…その当時すっかり嵌まってしまって、しばらく追っかけをしたことを思い出しました。

子供が進学先を決めるときに「ここの吹奏楽部で、フルートがやりたい。」と言った時には内心「やった!」でしたけど……親子でどっぷり嵌まってしまい、最終学年の秋まで抜けられなくて、心臓バクバクでしたね。懐かしく思い出しました。

現在、演奏会や発表会にはご縁の少ない所に暮らしていますけど、自衛隊の追っかけ、また始めてみようかな?

 

やっぱり良いですよね、吹奏楽(^^♪

 

クリニック:野口加代子

 

 

投稿日:
2018/10/05
カテゴリー:
長瀞の日々

まもなく10月です。

暑さ寒さも彼岸までと言われる様に、お彼岸辺りから急に寒くなりましたね。

 

皆さま、体調を崩してはいませんか?

 

かくいう私も、先日、喉の違和感や咳にクシャミと、少々辛い日々を過ごしました。

 

寒暖の差が激しい時期です。

皆さまもお気を付け下さいね。

 

 

さて、まもなく10月です。

 

10月中旬よりインフルエンザの予防接種が始まります。

 

流行する前の、早めの接種をお勧めいたします。

 

秩父郡市内在住で公費助成対象の方の接種期間は、平成30年10月20日(土)より平成31年1月31日(木)までです。

 

一般の方は、10月中旬頃より開始を予定しております。

詳細につきましては当院までお問い合わせ下さい。

 

クリニック・外来               柳原

 

 

投稿日:
2018/09/28
カテゴリー:
長瀞の日々

「バージョンアップ」2

皆様こんにちは。

前々回紹介の外来PCバージョンアップが完了いたしました。

只今、新規システム導入の準備中です。

薬袋、手帳ラベルの検討‥、一つ一つ準備に取り掛かっています。

このようなスタイルになる予定です。

薬袋1

薬袋2

薬袋3

乞うご期待!

 

皆様には、システム変更に伴いましてご迷惑をおかけいたします。

ご意見等ございましたら、お気軽に受付までお申し出いただきますようお願いいたします。

 

長瀞医新クリニック

田嶋

投稿日:
2018/09/21
カテゴリー:
長瀞の日々

季節の変わり目

今年の夏はとても暑くて早く秋になれ!と思ってましたが、9月も半ばになり少しずつ過ごしやすい気温になってきました!(^^)

夜が肌寒くなってきたので、そろそろ衣替えしようと考えていますが、昼間はまだ半袖を着ているのでなかなか行動にうつせなくて…ゆっくり進めようと思います。

 

季節の変わり目は体調を崩しやすいので気を付けてください(^^)/

 

長瀞医新クリニック 医療事務 宮原

 

投稿日:
2018/09/14
カテゴリー:
クリニック

「バージョンアップ」

 

クリニック外来では、「患者様に寄り添う整備」をさらに推し進めるため、この度新たなシステムを導入することになりましたのでご案内いたします。

これまで処方薬のある患者様には、薬袋にお名前や用法等を手書きで記入し、薬袋と処方箋とお薬を並べてチェックしお出ししてました。

それが今回のシステム導入により、パソコンでのデータ一括管理が可能となり、処方薬の用法、用量、効能が直接薬袋にプリントアウトされるようになります。

お薬の量が多い患者様でも管理がしやすく、何より患者様に見易く分かり易いので、より良い服用サポートとなる上に、薬出し作業の正確性、効率化も図れます。

さらに、作業の効率化は、患者様の待ち時間の短縮に繋がりますので、私たちもこのシステムを上手く活用し、より良い応対が出来るように努めて参りたいと思っています。

 

9月20日からの導入予定ですので、皆様どうぞよろしくお願いいたします!

 

 

長瀞医新クリニック 医療事務 福島麻子

 

 

投稿日:
2018/09/07
カテゴリー:
長瀞の日々

先頭へ戻る

ページトップへ戻る