4価インフルエンザワクチン導入

4価インフルエンザワクチン導入について

4価インフルエンザワクチンとは

4価インフルエンザワクチン

毎年インフルエンザの予防接種を受けている方はご存知かと思いますが、「インフルエンザワクチン」は、毎年株が決定され製造されていることはご存知でしょうか?

昨シーズンに流行・分離されたウイルス株から、そのシーズンに流行が予想されるウイルスに合わせて毎年インフルエンザワクチン株が決定・製造されています。

先日、今年度のインフルエンザワクチン株が決定し、昨年の「3価」から、新しく「4価」ワクチンに変更になりました。今回のワクチンは非常に大きな変更点があります。

図をご覧いただければわかる様に、B型のワクチンが2種類あり、そのどちらかを選定していましたが、今年からはB型が2種類統合されます。

これまでの3価インフルエンザワクチン製造株

これまでのワクチン製造株は、A/H1N1pdm09、A/H3N2、B型の3種類(3価)が含まれ、このうちB型株については、山形系統あるいはビクトリア系統のどちらか一方のワクチン株を選定していました。

4価ワクチンの導入理由

近年、インフルエンザの流行は、A(H1N1)pdm09およびA(H3N2)に加えてB型である山形系統とビクトリア系統の混合流行が続いており、WHOも2013年シーズン(南半球向け)から4価ワクチン向けにB型2系統からそれぞれワクチン株を推奨している。また、米国においては2013/14シーズンから4価ワクチンが製造承認され、世界の動向は4価ワクチンへと移行してきています。

このことから、わが国においても4価ワクチン導入の是非を検討し(インフルエンザワクチン株選定のための検討会議)、2015-16シーズンよりA/H1N1pdm09、A/H3N2、に加えてB/山形系統およびB/ビクトリア系統の4価ワクチンとしました。

※厚生労働省サイト参照

※さらに詳しく知りたい方は、厚生労働省「平成27年度インフルエンザワクチン株選定理由」をご確認ください。(厚生労働省のHPへリンクします。)

治療と予防方法については、こちらをご覧下さい。

このページを見ている方はこんなページも見ています

このページを見ている方はこんなページも見ています