トップ > 長瀞の日々 > インフルエンザの予防

インフルエンザの予防

こんにちは、透析室の加藤です。

今回は毎年流行するインフルエンザの予防について書きたいと思います。

 

1.外出後の手洗い

手洗いは手指などについたインフルエンザウィルスを物理的に除去するために有効な方法であり、インフルエンザウィルスに限らず感染予防の基本となります。また、外出後の手洗い、うがいは一般的な感染症の予防のためにも効果的です。

 

2.適度な湿度の保持

空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。特に乾燥しやすい室内では加湿器などを使って湿度を50%~60%に保つと効果的です。

 

3.十分な休養とバランスのとれた栄養摂取

体の抵抗力を高めるために、十分な休養とバランスのとれた栄養摂取を日頃から心がけましょう。

 

インフルエンザはとても感染力の強いウィルスです。きちんと予防をして、この冬を乗りきりましょう。

投稿日:
2019/02/08
カテゴリー:
長瀞の日々

先頭へ戻る

ページトップへ戻る