氷川丸

先日、横浜の氷川丸へ行って来ました。

氷川丸は1930年に日本郵船が、シアトル航路用に建造した豪華客船です。

戦時中は海軍特設病院船として運用されました。

終戦後は再びシアトル航路に貸客船として復帰。

1960年に引退するまで太平洋横断254回、

船客数は2万5千名と大変な活躍をしました。

 

 

長距離の航行に耐えうるよう非常に頑健な造りでありながら、内装は大変贅沢でした。

 

 

機関室。

氷川丸はダブルアクティングディーゼルエンジンで

8気筒から構成されるエンジンを左・右に1基ずつ搭載しています。

1基につき5500馬力と、当時では最高のエンジンでした。

ちなみに、私は船の機関室が大好きでして、1度入ったら1時間はその場を離れません。

エンジンの構造を解説するパネルもあったのでしっかり勉強してきました!

大変充実した1日になりました。

都内からのアクセスや周辺環境もとても良いので必ずまた行きます!

 

 

医新クリニック 2階透析室   宮脇

投稿日:
2019/06/03
カテゴリー:
医新会の日々

先頭へ戻る

ページトップへ戻る