トップ > 医新会の日々 > 「元号について」

「元号について」

令和元年の初日は、職場に行くことになった。
従って。「元号」をネット検索してみると、「元号の発祥は前漢で、
『建元』が世界初の元号である。この元号は西暦紀元前140から前135年
まで続いた。日本の最初元号は、飛鳥時代の大化の改新に定められた
『大化』(645-650年)である」とあった。

中国の約800年後に日本で元号が用いられたのですね。
今では、中国で元号は無くなり、以前元号のあったべトナムも無くなりました。

ちなみに、タイ王国に元号は無く、釈迦の入滅を0年とする、タイ歴が使われて
いるそうです。
「令和」初日が、平穏でありますように。

神田医新クリニック
放射線技師 太田

 

投稿日:
2019/05/08
カテゴリー:
医新会の日々

先頭へ戻る

ページトップへ戻る