トップ > 医新会の日々 > 平成最後の元旦におきたこと

平成最後の元旦におきたこと

平成最後の年が明けて、平穏無事な年になりますように。
なんと思っていたのは元旦の午前中まででした。
夕方、主人が急に体調不良を訴え、救急外来のある病院
へ慌ててかけこみました。主人はそのまま入院となり、お正月気分は
ふっとんでしまいました。それから毎日病院通いの日々。
検査の結果、大きい病気もないとの事で一週間の入院で退院しましたが、
思い出に残るお正月となりました。
ひとつプラスになったことは、息子たちは親がいつまでも元気ではないこと
に気づき、親は息子たちがとてもたよりになったと感じたことです。
身体には気を付けて、一年をがんばりましょう。

神田医新クリニック
検査技師 大井

 

 

投稿日:
2019/02/06
カテゴリー:
医新会の日々

先頭へ戻る

ページトップへ戻る