活性化自己NK細胞療法のご案内

NK細胞を用いたがん免疫治療法
~活性化自己NK細胞療法~

natural-killer-1今までの癌治療は①手術法②抗癌剤投与治療③放射線療法による三大療法がよく知られています。
しかし、これらの療法は体の負担が大きく、副作用が強い場合もあり、患者さんにとってつらい治療法となっています。
特に、進行癌や末期癌については、抗癌剤や末期癌については、抗癌剤の大量投与や放射線の大量照射による副作用も伴い、逆に寿命を縮める場合もありました。

最近癌の第4の治療法として④免疫治療法が期待されつつあります。免疫療法は、患者さんの低下した免疫力を高めて、患者の体内に侵入した細菌、ウィルス、腫瘍などを排除するための治療法で、体に優しく、副作用のない治療法です。
免疫系は、他の異物や、病原菌が体内に侵入したとき、それを排除すると同時に、悪性腫瘍細胞にも働き、攻撃する自己防御システムを持っています。主に、悪性腫瘍細胞を攻撃するものとして、自然免疫系のNK細胞(ナチュラルキラー細胞)、獲得免疫系のTリンパ球(細胞障害性T細胞)が知られています。

NK細胞は、抗原感作なしに腫瘍細胞、ウィルス感染細胞を破壊するリンパ球です。
子供の頃には、体内にNK細胞数が比較的多く存在していますが、加齢に伴いNK細胞数は減少し、癌にかかる率も上がっていきます。体内にあるNK細胞と細胞障害性T細胞こそが、今日、最善の副作用のないガン治療であると考えています。

natural-killer-2NK細胞の培養と治療について

患者様から血液を50ccほど採取し、科学的な培養技術で刺激、活性化し、約2週間無菌状態で、数億から数10億個のNK細胞(一部細胞障害性T細胞も含まれています。)を増殖させ、生理食塩水に浮遊させ、再び静脈から患者体内に戻すという免疫治療を行っています。

NK細胞による免疫治療法は、
保険外(自費)診療となります。

ハイパーサーミアは一部健康保険適応です。

費用

30万円(1投与あたり、消費税込)となります。
2-3週間に1回ずつ、4回の投与ですと、120万円の治療費となります。
治療費のお支払いは、1回の採血ごとにご請求させて頂いております。

活性化NK細胞療法は、身体への負担がほとんどなく、QOL(生活の質)を高く維持しながら受けることが出来る画期的な治療法です。

活性化NK細胞療法は、癌の再発・転移防止に有効であり、上記の三大療法・ハイパーサーミアと併用することにより、さらなる効果が期待できます。

がん外来(NK細胞)についてのお問い合わせ

対応施設:神田医新クリニック長瀞医新クリニック

神田医新クリニック長瀞医新クリニック

このページを見ている方はこんなページも見ています

このページを見ている方はこんなページも見ています

診療科目
休診日カレンダー

医新クリニック(大山)

神田医新クリニック

長瀞医新クリニック