ハイパーサーミア

対応施設:
神田医新クリニック

ハイパーサーミアのご案内

ハイパーサーミア(がん温熱療法)
~副作用の少ない、かつ苦痛を伴わないがん治療法!~

ハイパーサーミアの原理

ハイパーサーミアは、専用の医療機器「サーモトロン ‐ RF8」を用いて、電磁波でがん組織を加熱し、熱に弱いがん細胞を死滅させる治療法です。

がんの弱点は?

がん組織は正常組織に比べ熱に弱いことが証明されています。がん組織は41.5℃~44℃程度の温度で死滅します。

どうしてがんを温めるのでしょうか?

がんは身体の表面から深い臓器に至るまでほとんどの組織にできる病気です。温水などの普通の加温では、所定の温度(41.5℃以上)に高めることは難しいのですが、高周波エネルギーを巧みに利用することによってがん組織を41.5℃以上の細胞が死滅する温度まで加温することが可能となります。また、高周波をがん組織と正常組織に同時に加えても、正常組織は血管が拡張して血流が増え、放熱することにより、組織の温度上昇を抑えることができます。
しかし、がん組織では血管の拡張がほとんど無く、血流が少ないため、蓄熱しやすく、正常組織に比べ高い温度が保たれます。
この特性に着目し、研究を重ねてできたのが高周波ハイパーサーミア(温熱療法)です。

がんはなぜ熱に弱いのか?

がん細胞は一般的に血流不足、酸素不足のため代謝が変わり、乳酸がたまって酸性に傾き、そのため熱に弱くなります。がん細胞は相互の連絡が悪く、正常細胞のように高温に耐えられないので、死滅します。

治療の種類とハイパーサーミア現在のがん治療には、外科治療(手術など伴う治療など)、化学治療(高濃度ビタミンCや抗がん剤など)、放射線治療、免疫治療(活性化NK細胞療法や樹状細胞療法など)、そして最近開発された高周波ハイパーサーミア治療があります。
高周波ハイパーサーミア治療は従来の治療と併用することにより高い効果を引き出すことができます。
さらに高周波ハイパーサーミア治療は従来見られるような副作用や後遺症などがありません。
何回おこなっても大丈夫です。

健康保険は一部適用されます。

最初の8回までは保険適用され、
3割負担の場合:
深部腫瘍では27,000円、表在腫瘍(乳房、皮膚など)は18,000円になります。
1割負担の場合:
深部腫瘍では9,000円、表在腫瘍(乳房、皮膚など)は6,000円になります。
それ以降は自費:
一回あたり10,800円(消費税込)になります。

その他、再診料、検査料等が適宜かかります。

治療時間はどのくらいですか?

40分間です。

どんながんに効くの?

・脳や眼球、血液の癌を除くすべての部位に適用されます。
・初期、末期を問いません。
・がん組織型や種類を問いません。

高周波ハイパーサーミア治療法の良いところ

高周波ハイパーサーミア(温熱治療)では、直接がん細胞に熱を加えて壊死させる以外にも、次のようなからだに良い働きをすることが分かっています。

免疫の活性が高まります。

高周波ハイパーサーミアを加えることで、病巣及び周辺組織の温度が39℃~41℃近くに上昇、体内の免疫(NK細胞、インターフェロン-γ、マクロファージなど)が活性し、がん細胞に対して攻撃性を発揮します。

QOL(生活の質)が向上します。

がんによる痛みの緩和、食欲増進、体力の回復、気分がよくなるなど生活の質が向上します。

がん組織への薬剤の取込みを良くします。

薬剤治療と高周波ハイパーサーミアを併用すると、がん組織への薬剤の取込み量が数倍に上昇することから、薬剤の効果を一段と高めます。また、薬剤の投与量を少なくでき、副作用が軽減されます。

放射線治療の効果を増強させます。

高周波ハイパーサーミアを併用させることによって、放射線治療の効果をさらに高めます。
また、放射線抵抗性のがんにも有効なことが実証されています。

ハイパーサーミアを受けるには?

最初にお電話(03-5833-3240)で、初診のご予約をお取り下さい。
ハイパーサーミア担当技師、大井がご相談を承ります。
初診でお越しになります際には、お手数ですが、最近の血液検査の結果や画像などをお持ち下さい。
いまかかっているお医者様より、診察情報提供書を頂ける場合には、お持ち頂ければ幸いです。

「心臓ペースメーカーをご利用の方は、治療をお受けすることができません。」

がん外来(ハイパーサーミア)についてのお問い合わせ

対応施設:神田医新クリニック

神田医新クリニック

このページを見ている方はこんなページも見ています

このページを見ている方はこんなページも見ています

診療科目
休診日カレンダー

医新クリニック(大山)

神田医新クリニック

長瀞医新クリニック