がん外来のご案内

効果の高い治療法で、
がんの治癒とQOLの向上を目指す

医新会のがん外来では、がんと診断された患者様がご自宅での生活を送りながら治療を継続できる環境と、人体に負担の少ない治療法をご提供しています。
「ガン温熱療法(ハイパーサーミア)」「がん免疫療法(活性化自己NK細胞療法)」「高濃度ビタミンC点滴療法」といった治療法によって、がんの治癒とQOL(生活の質)の改善を目指します。

ハイパーサーミア(温熱療法)【健康保険適用】

ハイパーサーミアは、専用の医療機器「サーモトロン」を用いて、電磁波でがん組織を加熱し、熱に弱いがん細胞を死滅させる治療法です。
人間の細胞は、42~43℃以上に加熱されると死滅します。健康な細胞では、加熱されても血管が拡張して熱を逃がすことができますが、癌細胞の血管は未熟なため熱を逃がすことができません。そこに注目した治療法がハイパーサーミアです。癌細胞がちょうど42~43℃になるように加熱すると、健康な細胞にはダメージを与えずに、癌細胞のみを選択的に殺すことができます。
抗がん剤や放射線治療と併用するとより高い効果を引き出すことができます。
HSP(ヒートショックプロテイン)が多く産出され、免疫を活性化させます。
副作用も少なく、生活のQOLを上げます。
脳と眼球、血液の癌以外に適用できます。
健康保険が一部適用されます。

費用について

ハイパーサーミアは一部健康保険適応です。
初回治療費は深部加温の場合:
一割負担の方は8回で9,000円、三割負担の方は8回で27,000円です。
表在加温(乳房、頚部など)の場合:
一割負担の方は8回で6,000円、三割負担の方は8回で18,000円です。
その他、再診料、検査料等が適宜かかります。
継続する場合は9回目から自費になります。自費は一回10,800円です。
治療時間・・・40分
治療サイクル・・・約一週間に一回程度

ハイパーサーミアQ&A

ハイパーサーミア(温熱療法)は何故、癌に効くのでしょうか?
ハイパーサーミアは癌細胞の温度だけを選択的に上昇させて、癌を死滅させてしまう治療方法です。42.5℃以上になると癌細胞は死んでいきます。しかし、正常細胞は癌細胞と同じように温められても、血管が拡張して熱を放熱するので心配ありません。
ハイパーサーミアだけで癌に効果がありますか?
体型などの関係から十分な加温をするのは難しく、ハイパーサーミアのみで癌が根治できるのは稀と考えられています。しかし、抗癌剤や放射線治療と併用すると、それらの効果を増強させることが証明されています。抗癌剤や放射線の併用を是非、お勧めします。
もう効く薬がないと言われました。ハイパーサーミアはできますか?
ハイパーサーミアは身体を温めることによって、免疫力を活性化します。免疫力が高まると癌細胞を自分の力で排除する働きが高まります。
癌の進行を止める、生活のQOLを上げるためには適していると思います。
どんな癌にも効きますか?
血液の癌、脳の癌以外は基本的にできます。再発癌も可能です。
特殊な箇所は出来ない場合もありますのでご相談ください。
ハイパーサーミアは何回受けても大丈夫ですか?
何回でも問題はありません。毎日やると熱耐性が出来るので、当院では一週間に一回程度行います。
ハイパーサーミアの治療時間はどのくらいですか?
40分間です。
ハイパーサーミアの料金はいくらかかりますか?
最初の8回までは保険適用され3割負担の場合、深部腫瘍では8回で27,000円、表在腫瘍(乳房、皮膚など)は18,000円になります。
一割負担の場合、深部腫瘍では9,000円、表在腫瘍は6,000円になります。それ以降は自費になり一回あたり10,800円(消費税込)になります。
ハイパーサーミアを受けたいのですが、どうすればよいですか?
最初に初診の予約をしてください(電話予約になります。)
TEL: 03-5833-3240 大井まで
初診では医師の診察を受けていただきます。その際にお手数ですが、最近の血液検査の結果や画像などお持ちください。
診療情報提供書はいただける方はお持ちください。無理な方はなくても大丈夫です。
ハイパーサーミアを行えない条件などありますか?
・ペースメーカーを装着している方
・治療部位にステントなどの金属が入っている方
・極度に体力のない方
副作用はありますか?
副作用はありませんし、いまやっている治僚を妨げることはいっさいありません。但し、皮下脂肪がかなり厚い方はピリピリしたり熱感を強く感じ、熱を加えることが出来ないため、あまり効果が出ません。

新しいがんの免疫治療法 ~活性化自己NK細胞療法~

今までのがん治療方は①手術法、②抗がん剤投与治療、③放射線療法による三大療法がよく知られています。しかし、これらの療法は体の負担が大きく、副作用が強い場合もあり、患者さんにとってつらい治療法となっています。特に、進行がんや末期がんについては、抗がん剤の大量投与や放射線の大量照射による副作用も伴い、逆に寿命を縮める場合もありました。
最近がんの第4の治療法として④免疫治療法が期待されつつあります。免疫療法は、患者さんの低下した免疫力を高めて、患者の体内に侵入した細菌、ウィルス、腫瘍などを排除するための治療法で、体に優しく、副作用のない治療法です。免疫系は、他の異物や、病原菌が体内に侵入したとき、それを排除すると同時に、悪性腫瘍細胞にも働き、攻撃する自己防御システムを持っています。主に、悪性腫瘍細胞を攻撃するものとして、自然免疫系のNK細胞(ナチュラルキラー細胞)、獲得免疫系のTリンパ球(細胞障害性T細胞)が知られています。

活性化自己NK細胞療法 費用

300,000円(1投与あたり、消費税込み)※自費診療

高濃度ビタミンC点滴療法

数十gの大量のビタミンCを静注点滴し、血中のビタミンC濃度を高め、がん細胞だけを細胞死に導くことを目的とした、副作用がなく体にやさしい最新鋭のがん治療です。ビタミンCにはお肌の美白効果と強力な抗酸化効果もあり、美容・アンチエイジング目的でのご投与も可能です。

高濃度ビタミンC点滴療法 費用

アンチエイジングについては、

15g 10,800円(税込)

 

がんなどの患者さんについては、

60g 20,520円(税込)となります。

なお、詳しい料金については各施設までお問い合わせください。

がん外来(がん外来)についてのお問い合わせ

対応施設:神田医新クリニック長瀞医新クリニック

神田医新クリニック長瀞医新クリニック

このページを見ている方はこんなページも見ています

このページを見ている方はこんなページも見ています

診療科目
休診日カレンダー

医新クリニック(大山)

神田医新クリニック

長瀞医新クリニック