トップ > 医新会の日々 > ワールドカップの社会学

ワールドカップの社会学

現在4年に一度のサッカーワールドカップがロシアで行われていますが、
本場のサッカーが見れて元々、私はサッカー派ではないのですが、
楽しみに観戦しています。

少々寝不足気味で・・・ここのところ毎日暑いので、夏バテが心配ですが??

日本のサッカーも昔は国内プロリーグ中心のメンバーでしたが、
今は欧州や世界各国に出て行って、そこで揉まれて以前では考えられないほど、
たくましくなった感が今回のワールドカップを見て思いました。
それとサッカーはやっぱり点をとるスポーツ何だなと実感しました。

いろんなところに出て行ってもまれて、その経験を日本にもちかえって活かすことは
どの社会でもいま国際化が叫ばれていますが、マンネリ化したところに
新しい血液を入れるのは とても大事なのかと実感しています。
それとやっぱり、日本がというより自国が強いと面白いのは私だけでしょうか?

決勝トーナメント進出したので、これからは強豪国ばっかりですが、
最後まで諦めないで頑張ってほしいものです。

神田医新クリニック
平野

 

 

神田医新クリニック
事務 平野

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿日:
2018/07/04
カテゴリー:
医新会の日々

先頭へ戻る

ページトップへ戻る