帰 省

ゴールデンウィークを利用し父の13回忌法要の為、
故郷津軽へ帰ってきました。法要も無事終り、翌日に地元なのに
まだ行ったことのない、五所川原市内の立侒武多の館と金木町の
太宰治記念館である斜陽館を訪れ見学に行って来ました。立侒武多は
思っていたより高く、大きく(高さ約22m、重さ約16トン)
迫力があり、圧巻でした。ちょうど笛やタイコ・踊りもあり祭り本番
の雰囲気を味わうことが出来ました。また斜陽館では当時の津島家の
繁栄や建物の豪華さ、太宰の生い立ち、特に幼少期の子守役だった
越野たけが中泊町小泊の出身で自分の小中学の同期生がたけの孫で
あることがわかる等おどろかされた。どうかみなさんも津軽を旅する
機会があったら、立侒武多の館や斜陽館を訪ねて見て下さい。

 

神田医新クリニック
放射線技師 藤田

 

投稿日:
2018/05/16
カテゴリー:
医新会の日々

先頭へ戻る

ページトップへ戻る