幹細胞

今日は幹細胞について少しお話したいと思います。
当クリニックではご自身の脂肪由来の幹細胞治療を行っておりますが、
脂肪由来の幹細胞とは一体どういう働きをしているのか、
そもそも脂肪由来幹細胞とはなんなのでしょうか。

幹細胞は「自己複製能力」と「多分化能」の2つの能力を備え持つ細胞です。
自己複製能力とは、細胞分裂により自分と同じ能力を持った細胞を複製します。
そして多分化能は、幹から枝分かれするように
さまざまな細胞に分化する能力があります。
この能力を持つ幹細胞をご自身のお腹の脂肪から採取します。
その脂肪から幹細胞のみを取り出し増やし、
お体に戻すことでさまざまな健康状態の改善が期待できます。

さらに詳しくお知りになりたい方はお気軽にお問合せください。

神田医新クリニック
再生医療外来 斉藤

投稿日:
2017/10/11
カテゴリー:
医新会の日々

先頭へ戻る

ページトップへ戻る